美容・美肌 肌質改善

美肌に効果的な食べ物|食で肌質改善

肌に良い食べもの

941a5700ab6dbbc4db66a0b8275672ba_s

肌質、肌環境を整えるには、スキンケアや紫外線対策も大切ですが、食べ物での改善が最も効果的です。

「肌は内臓の鏡」と言われ、バランスの悪い食生活で内臓が弱ったり血行が悪くなると、その不調はすぐに肌に現れてきます。あなたが思っている以上に体内環境が肌に与える影響は大きいということを理解しておきましょう。

 

肌に良い食べ物・悪い食べ物

肌にとって良い食べ物と悪い食べ物を具体的にご紹介します。

乾燥肌に良い食べ物、悪い食べ物

保湿を助けるヒアルロン酸を含む食べ物を摂りましょう。ヒアルロン酸は、動物の軟骨やフカヒレなどに含まれています。新陳代謝を活発にする亜鉛も積極的に摂りたい栄養素。亜鉛を多く含む食べ物には、牡蠣、ほたて、卵、納豆などがあります。

また、身体が冷えて血行が悪くなると、肌の代謝が悪くなり、乾燥しやすくなります。生野菜や冷たい飲み物などの摂り過ぎは冷えの元となるので注意しましょう。また、お酒の摂り過ぎは身体や肌の水分不足を引き起こし、乾燥を招きます。

 

シワやたるみに良い食べ物、悪い食べ物

ハリのある肌に必要なのは、肌を組成する素となるビタミンC・鉄分・タンパク質。シワやたるみが気になる方は、ビタミンCを多く含む柑橘類や葉物野菜、鉄分を含むカツオやひじきなどの海産物、タンパク質を含む大豆製品を積極的に摂りましょう。

糖分や脂肪分の多い食事は肌を酸化させ、老化を招くので摂り過ぎには注意が必要です。

 

カフェインやアルコールは代謝の妨げになります。

コーヒーなどに含まれるカフェインは、抗酸化作用をもつビタミンCを破壊して肌の新陳代謝を遅らせます。

アルコールには利尿作用があるため、飲みすぎると深刻な乾燥肌になってしまうということは想像に難くないでしょう。
飲みすぎたと思ったら次の日は水をたくさん飲んでアルコールの毒素をすぐに排出するようにしましょう。
また、お酒を飲んでいる間もアルコールを摂取するのと同じペースで水を飲むと二日酔いなども少なく、翌朝すっきりと目覚めることが出来ます。

冷たいものも内蔵を冷やしてしまい代謝の妨げになるので、血行不良になりやすくなります。

肌トラブルは、睡眠と食事である程度改善できるので、ぜひお試し下さい。

 

-美容・美肌, 肌質改善