美容・美肌 肌質改善

乾燥が気になるなら、正しい保湿方法がある!

保湿が肌を救う!

bd589e98f7fa2338d400779d8c851d74_s

美白、美肌の人と、そうでない人の決定的な違いは「保湿」です。

肌をきれいにするためには、もっとも重要なのがこの保湿です。

保湿は洗顔後すぐに行うことが重要です。
洗顔をした直後は、皮脂も少なく潤いが肌から逃げやすい状態になっていますので、とにかく真っ先に行いたいのが保湿です。

 

正しい保湿方法!

保湿は一般的に化粧水を用いることが多いのですが、化粧水の塗り方を見なおしてみましょう。

化粧水を手の平に適量出す
この適量が少なめの人がいるので、気持ち少し多めに使いましょう。

手早く顔全体に塗り広める

手の平で顔を包み込むようにして肌になじませる

化粧水を塗ったあとにパンパン叩かなく必要はありません。

この時にコットンを使う方が多いと思いますが、必要ありません。

コットンで化粧水を塗ると、肌をこすってしまい毛穴の開きの原因になったり、肌荒れを引き起こしやすくなると言われています。

コットンを使用する場合は、化粧水を染み込ませて、お肌の気になる箇所に貼り付けておきましょう。

こすらないように注意しながらですよ!

叩いても保湿効果は上がりません。逆に叩くことで皮膚の薄いところなどの毛細血管が切れて、赤ら顔の原因になってしまうこともあります。
保湿成分は、皮膚を押して放す瞬間に浸透するといわれています。

特に乾燥肌の人は、化粧水を2度塗りする事をオススメします。

 

ニキビ・吹き出物にも保湿が大事

ニキビ・吹き出物を気にしている人や、脂性肌の人はベタベタ感が気になったり、下手な刺激を与えたくない事から、保湿を十分に行わない人がいます。しかし、これは逆効果になります。

刺激を与えない事は正解なのですが、

保湿がしっかりされていないと、毛穴の周りが固くなり余計に皮脂が分泌されやすくなります。
また、保湿感が不足した肌では、肌が外界の害から皮膚を守ろうと、皮脂を余計に分泌しますのでいつまでも皮脂分泌量が減らないのです。

ただし、油分を多く含む化粧水はお勧めしません。油分はニキビに与えすぎると悪化することがありますので、ニキビ肌、脂性肌の人は油分の少ないさっぱりタイプの化粧水での保湿をお勧めします。

また、保湿をすることで、肌のターンオーバーを早め、シミ予防にも繋がります。

美白、美肌の基本は保湿からなんです。

-美容・美肌, 肌質改善